2019年まいたーん!でよく遊んだボードゲームを振り返る〜その2 天空の都を目指す旅!何度落とされても繰り返し立ち上がれ〜

所長です。2019年のまいたーん!を振り返るこの企画第2弾。

今回はセレスティアを紹介しますね!!

飛空挺に乗ろう!

今回紹介させていただくゲームは「セレスティア」です。あまりまいたーん!以外で回っているところを見たことがないのですが、こちらでは(主に)小学生に大人気でした。

→このブログではルールを詳しく説明することはしないのですが、写真や雰囲気でゲームの感覚を伝えていきたいと思います。

ルールは著作物ですから、基本的には買って読んでいただいた方がいいかと思いました。

どんなゲームなのか?

さて、簡単に紹介していきましょう。

地球儀は内容物ではありません

プレイヤーは飛空船の船長となり、不思議な天空の都市を経由して荘厳なるセレスティアを目指します。

途中、数々の試練が待っていますが、手持ちのカードを出すことで切り抜けることができます。

カードを出して試練を乗り越える

船長がカードを出せなかったら、船はあっさりと墜落します。そしてスタートの都市から再びセレスティアを目指すのです。これを繰り返すのが基本。墜落する前に下車するとポイントを稼げます。どこまで我慢できるかのチキンレースですね。

このゲームの良いところはまずデザイン性ですね。

飛空艇

見ていただければ分かる通り、この飛空船のデザインが素晴らしい。素敵です。

この船を初めて観た方はほぼ必ずわ〜って顔をします。

この興奮って何物にも代えがたいですね〜。

プレイヤーはできれば3人以上ほしい

プレイ人数は2〜6人用ですが、できれば大勢で遊ぶ方が面白いです。

わいわい言いながら遊ぶのが良いと思います。難しいルールではないので、大人には物足りない可能性もありますが、ガチ勢以外はそんなに不満に思うことにはならないでしょう。度胸試しのような気持ちで遊ぶもよし、相手のカードに関する情報を記憶しておいて、ロジカルに戦うもよし、です。

何にしても、大事なのは面白がるココロなのです。

浮遊都市のパネル

というわけで、まいたーん!で子供さんに展開すると、かなりウケがよいです。特に女の子。

基本データ

プレイ人数2〜6名。(なるべく大勢がベター)

インストラクト時間5〜8分。

プレイ時間20分〜30分(勝利条件となる獲得点数を変更すれば柔軟に対応できます)

対象年齢は体感、小学1年生から。

コメント

タイトルとURLをコピーしました